ニキビ治療と原因、予防と対策について紹介します。

ニキビの原因

ニキビの隠れた原因の1つが活性酸素です

ニキビは毛穴の皮脂が酸化されて炎症を引き起こすわけですが、このメカニズムには活性酸素が多大な原因になっています。

毛穴の皮脂はアクネ菌も影響してますが、その代謝物「ポルフィリン」という物質に紫外線が照射されると活性酸素が産みだされることがわかっています。

これが皮脂⇒過酸化脂質になるのを助長して炎症をひきおこすことになります。
先にビタミンCは大変強い抗酸化作用をもつことをいいました。

このことがビタミンCはこの活性酸素の生成を抑制するのみならず、さらに、ニキビ痕が陥没を修復したり、ニキビ痕を漂白作用で色素沈着の改善効果まで期待できます。

他にもビタミンCには毛穴を締める作用や、皮脂腺の分泌を抑制する効果もあります。

このことはビタミンCがニキビの予防、治療、できてしまった際の陥没修復まで幅広く効能があるという非常に頼りになる成分であるということなのです。

ビタミンCはリン酸誘導体が有効ということはいままで紹介しましたが、具体的にはリン酸アスコルビン酸ナトリウム、リン酸アスコルビン酸マグネシウムなどが使用されています。

そのほかにもグルコース体、硫酸体の化合物もありますが、今のところ、効果などで治療用、化粧品用には前述のリン酸誘導体が使用されています。

このようにビタミンCは非常に有効なものですが、普段日常でも紫外線を避ける工夫もわすれずにおこなってくださいね。特にお出かけの際は紫外線を防ぐ帽子、日焼け止めクリームは必須ですよ。


ニキビは毛穴の炎症です

ニキビ・吹き出ものを鏡で見るたび、ついため息が出てくることはありませんか?ニキビは思春期から20歳代の男女の顔、体、胸、背中などによくできる毛穴の炎症のことをいい、その多くの原因は毛穴の詰まりです。

【原因】
人間の毛穴には、脂腺が付随しています。ところが、人によって程度の違いはありますが思春期になると男性ホルモンの影響で、脂腺が刺激されて大きくなります。その後、この毛穴が脂肪や角質でふさがれてしまうと、そこに細菌が繁殖して炎症を起こすのがニキビです。

【症状】
毛穴がつまると黒い点(脂肪の塊で面ぽうという)ができてきます。そこに細菌が侵入して繁殖すると、炎症が起こる場合があります。すると、赤く小さいボツボツ(丘疹)になったり、中に黄色いうみをもった膿ほう(のうほう)ができます。これらの症状は人によって便秘や月経との関係で、悪化するケースもありますので注意しましょう。

【治療】
ニキビができても指でさわったリ、押したりするのは禁物です。治療は洗顔が中心となって行います。洗顔後はよくすすいで石けん分を残さないように注意します。洗顔はこまめに行い、ぬるま湯とふつうの右けんを使います。毛穴をふさぐ恐れのあるファンデーションなどの化粧品はなるべく使わないようにします。

最近では毛穴の入り口の通りをよくする最先端の医薬品を使用することで、つらい繰り返しも予防できるようになってきてます。またビタミンCの抗酸化力を生かすと、さらに効果も上がってきます。ポイントさえ押さえれば、家庭でのケアでもきれいに治すことも可能です。

ニキビの予防のためにも不規則な生活、睡眠不足、過労などもよくありませんので気をつけましょう。また油っこい食品、チョコレート、ナッツ類、コーヒーなどもニキビにはよくありません。また便秘予防のために、野菜や果物など食物繊維の豊富なものも多く食べるようにしましょう。

【その他】
ニキビに似たような症状で、中年以降の女性のあごから首にでてくるものがありますが、これはニキビではありません。面ぽうがないのでにきびと区別ができます。多くの場合、化粧品のトラブルが原因によってこれはおきます。




Page: 1

RSS2.0