ニキビ治療と原因、予防と対策について紹介します。

背中ニキビ

背中ニキビは顔ニキビとは状況が違っている

ニキビは思春期から20歳代の男女の顔、体、胸、背中などによくできる毛穴の炎症のことですが、その多くの原因は毛穴の詰まりです。

背中ニキビとはその名のとおり背中にできるニキビです。背中のうぶ毛の場合には他の部分(顔のうぶ毛など)の毛よりも太く生えているので、背中ニキビができる原因として皮脂の分泌を阻害しやすく、皮脂が詰まりやすいといえます。

背中ニキビの原因の根本は毛孔からでる、皮脂の質が悪くなって起こることから始まります。皮脂が分泌される毛孔に皮脂が詰まり、その皮脂が酸化し、背中の場合は顔よりも皮脂腺が活発で皮脂を作る能力が強いのです。ニキビができる人は硬いマーガリン状で詰まりやすい皮脂の状態となっています。一方ニキビができにくい人の場合の皮脂は毛孔に詰まることが少なく、流動性のあるオイル状で流れやすい皮脂の状態となっています。

背中ニキビの症状はニキビ同士が皮膚の中でトンネルのようにしてつながり合い、同じ場所に重複してできやすいという特徴もあります。背中ニキビを悪化させてしまうと、悲しいことにニキビ跡として残ってしまいます。そのために元のきれいな肌に戻すことは難しいのです。

背中ニキビが悪化する原因としては、できてしまった背中ニキビを、不適切なホームケアで治療することも多いことが背景としてあります。

一般的に脂性タイプの人にはニキビができ易いといわれています。すなわち、脂性タイプの人は、皮膚の表面が脂っぽくなりやすく、皮脂の分泌量も多いので、皮脂がたまりやすい状況にあるといえます。それが毛穴のつまり易さになり、ニキビや背中ニキビをつくる原因とかんがえられています。このように背中ニキビの原因には遺伝的な要素もからんできているのです。




Page: 1

RSS2.0