ニキビ治療と原因、予防と対策について紹介します。

ニキビ治療では漢方も効果あります

ニキビの治療にはそのタイプ別に薬を選ぷ必要があります。ただやみくもに使っていると効果がないばかりか逆効果になる場合もありますので注意が必要です。

にきぴのタイプには、大きく分けて2種類あります。体力のある人にみられる場合が多く、先がとがって赤くなり、先端にうみをもつものです。それと反対に体力のない人にできやすいというのが平べったくて多少紫がかった赤色をしており、うみは少ないものです。

あなたのニキビのタイプはどちらでしょうか?2つのタイプででちらかを基準にして漢方薬を選びます。ニキビの治療は、漢方薬では最も得意といわれる分野にあたります。

漢方を使った治療では、あなたのニキビ以外にもニキビに伴ってあらわれる全身症状、例えば顔のほてりやのぽせ、便秘、月経不順、月経困難症などが同時に改善していく効果も期待できます。また、おでき、面ちょうの治療もニキビの治療と同様に行われます。

【治療例】
半年以上もニキビの悩みを抱えていた学生のA子さんの例を紹介いたします。

A子さんの場合は、ニキビが顔だけでなく肩や背中、乳房にまで広がって悩んでいました。A子さんのニキビは先がとがって赤くなり、先端にうみをもつ赤ニキビでしたので、それに最も適した清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)を処方して服用してもらいました。その結果、だんだんと症状も改善してきて、約半年後にはきれいにニキビが治りました。

その他の漢方薬として十味敗毒湯、大柴胡湯(だいさいことう)、小柴胡湯、温清飲(うんせいいん)などもあります。自覚症状にあわせて選択できます。詳しくは漢方をあつかう治療院とがでご相談ください。

いろいろ薬をためしてみたがうまくいかなかったという方は、こういう漢方薬をためしてみてはいかがでしょうか?


どんなスキンケア商品でもお肌に個人差がある限り万人に合うというものは残念ながらありません。
ただし、自分のお肌の特徴を知れば使用前に合うか合わないの予測をすることは可能」です。
ところであなたは自分のお肌の特徴を熟知していますか?もしよく分からないという方には、お肌のチェックが無料でできる「オルビス スキンチェック」がおすすめです。
>>> ORBIS 公式ホームページのスキンケアチェックはこちら




RSS2.0