ニキビ治療と原因、予防と対策について紹介します。

服用する薬で皮脂を減らし炎症を防止する

根本的なニキビ治療に対するアプローチは、服用薬を処方してもらい体の中から作用させるといのも、白ニキビ(コメド)がひどい炎症性のニキビになるのを予防する効果的な方法です。ニキビ治療に熱心な皮膚科医の治療であれば、医師向けに販売されている薬剤が該当します。当然保険診療となりますので、レチノイン酸やAHAに比較して治療費が安くすみます。

皮脂が多い人は、男竹ホルモンの影響が強いとよくいわれています。女性の場合でも若い頃には、男性ホルモンが多くでている人がいます。治療には、まず犬きく分けて三つのアプローチを行います。

1)皮脂を減少させる
2)炎症の原因物質を抑制する
3)雑菌が入って化膿するのを防止する

◆皮脂を滅らす治療
『メサルモンーF』という薬がよく使われているという。「うぶ毛が濃い女作などには、効果が」LがるようですLと堀越院長は話す。

◆ニキビが炎症を起こす原因となる皮脂の分解を抑制する
皮脂が分解されると、それが毛包を刺激することになります。それによって炎症がひきおこされます。抗生物質は通常細菌に効果を発揮するとされているが、この場合使用されるミノサイクリンという抗生物質は目的が少々異なります。ミノサイクリンにはこの皮脂が分解するのを抑制する作用があります。

◆雑菌によってニキビが化膿するのを防ぐ
炎症がひどくなったニキビ治療の場合には外側から手がだしにくいので、化膿を防ぐためにも体の内部から効果を発揮する服用薬のメリットが大きいといいます。

この治療には化膿の元凶になりやすいブドウ球菌によく作用するマクロライドというタイプの抗生物質が有効です。


いずれの治療薬も、白ニキビ(コメド)が炎症を引き起こす過程や、炎症性の赤ニキビが化膿してさらに悪化するを予防してくれるます。このような服用する薬と塗って治療するレチノイン酸やAHAとを併用すれば、ニキビの原因を元から治療することができるようになりました。これで再発するニキビとも完全に.手をきることができるでしょう。


どんなスキンケア商品でもお肌に個人差がある限り万人に合うというものは残念ながらありません。
ただし、自分のお肌の特徴を知れば使用前に合うか合わないの予測をすることは可能」です。
ところであなたは自分のお肌の特徴を熟知していますか?もしよく分からないという方には、お肌のチェックが無料でできる「オルビス スキンチェック」がおすすめです。
>>> ORBIS 公式ホームページのスキンケアチェックはこちら




RSS2.0